2006年06月17日

ビル・ゲイツ

ネオニートのお小遣い帳 サラリーマン平均年収を超える

ビル・ゲイツ氏2年後引退 資産の95%、基金3兆450億円
慈善事業に専念


 【ワシントン=気仙英郎】ソフトウエア最大手マイクロソフトの
ビル・ゲイツ会長(50)は15日記者会見し、

2008年7月に経営とソフト開発の第一線から
退くことを明らかにした。

夫人とともに、2000年に設立した慈善団体
「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ基金」の活動に専念するという。

 会見によると、ゲイツ氏は会長兼相談役にとどまるが、
会長職は非常勤になるという。

また、これまで兼務していた製品開発責任者を意味する
「チーフ・ソフトウエア・アーキテクト」の肩書も、
同日付でレイ・オジー最高技術責任者(CTO)に引き継いだ。

 ゲイツ会長は「マイクロソフトは業績の面でも
技術の分野でも創業以来最も強くなっている。

交代をするにはいいタイミングだ」と強調した。今後、同社は、
スティーブ・バルマー最高経営責任者(CEO)を核に、

オジーCTOとクレイグ・マンディ最高研究戦略責任者が
支える態勢になる。


 ゲイツ会長は1955年、米ワシントン州シアトル生まれ。
少年時代の13歳でコンピューターのプログラム作成を始め、

ハーバード大学を中退した75年に幼なじみの
ポール・アレン氏とともにマイクロソフトを創業した。

 事業の成功とともにゲイツ氏の個人資産も膨れあがり、
米誌フォーブス2006年版による世界長者番付では、

12年連続で首位を維持。06年の純資産は
500億ドル(約5兆7500億円)にのぼるという。


 一方で、OSやインターネット閲覧ソフトなどで、
競合企業を排除するような形で急成長したためゲイツ氏には

「独占意欲が強い経営者」との悪評が常につきまとい、
米司法省などから反トラスト法(独占禁止法)で
訴訟を起こされたこともあった(後に和解)。

 しかし、熱心な慈善家でもあり、2000年に夫人と設立した
慈善団体「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ基金」では

開発途上国でのマラリア撲滅やエイズ対策に
巨額の寄付金を拠出している。

「個人資産の95%は基金に移譲する」と公言。
基金の運営資金は個人出資の慈善団体としては

過去最大級の300億ドル規模(約3兆4500億円)に
達している。(産経新聞) - 6月16日



慈善事業に、3兆4500億円、
寄付の額すごい、、、

セレブというか世界一のお金持ちは、
ケタが違いますね、、  (゜ロ゜;) 

ブログランキング
posted by ネオニート 音楽家 at 06:55 | Comment(0) | お金持ちになる方法 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。