2006年11月13日

残業代ゼロ合法化へ

ネオニートのお小遣い帳 サラリーマン平均年収を超える

残業代ゼロ 合法化

 安倍内閣が来年の通常国会に法案提出する
「ホワイトカラー・イグゼンプション」制度の恐ろしさが明らかになってきた。

この新制度が導入されると、サラリーマンは平均で
年間114万円もの報酬がカットされるという。

 安倍首相が好みそうな横文字の「ホワイトカラー・イグゼンプション」とは、
一言で言えば、どれだけ働いても「残業代」は一円ももらえないという
“奴隷制度”だ。

現行の労基法では、非管理職社員を1日8時間、週40時間を超えて
働かせる場合は、通常の25%増し、休日出勤は35%増しの報酬を
支払わなくてはならない。

 安倍政権は、この規制を廃止する方針。11月中に「建議案」を
提出し、来年1月からの通常国会で成立させるつもりだ。

 そもそも「ホワイトカラー・イグゼンプション」は、経団連、米国、
さらにオリックスの宮内義彦会長が率いた「規制改革・民間開放推進会議」が
導入を画策してきたものだ。

新制度が導入された場合、サラリーマンの収入はどう変わるのか。
試算した「労働総研」の藤吉信博事務局次長がこう言う。

「経団連は年収400万円以上のホワイトカラーに適用すべきだと
主張しています。それを前提にすると1013万人が影響を受け、

総額11兆6000万円(残業代4.5兆円、サービス残業代7兆円)、
1人平均114万円の報酬が受け取れない計算になります」

 経団連は労働者の判断で労働時間を管理できると、もっともらしいことを
言っているが、実施されればサラリーマンは長時間労働を強いられるだけだ。

「残業代も休日手当も支払わなくていいとなれば、企業は無制限に働かせる
ことになりかねません。いまでもサービス残業が横行していますが、

新制度が導入されたら、際限なく仕事に縛りつけられるようになるでしょう。
過労死、過労自殺、精神破壊、疾病者が急増するはずです」(藤吉信博氏=前出)

 小泉改革は労働市場をヤミクモに規制緩和して、非正規社員を大幅に増やし、
働いても給与は生活保護基準を下回るワーキングプアを生み出した。

さらに安倍政権は、正社員まで低賃金で働かせようとしている。
国民は踏んだり蹴ったりだ。2006年11月13日10時00分 ゲンダイネット



残業代をカットされて、
1人平均114万円減という事のようです。

労働者が損をして、
会社が得をする。

企業の業績アップで、
好景気を演出というわけですか、、、

ブログ人気ランキング 話題のブログが見れます。

オリックス(株)の
平均年収 700万円
平均年齢  35歳
posted by ネオニート 音楽家 at 16:15 | Comment(4) | サラリーマン平均年収 | 更新情報をチェックする
2006年09月30日

大企業8割に従業員、心の病、うつ病など

ネオニートのお小遣い帳 サラリーマン平均年収を超える

休業調査:大企業8割に従業員の「心の病」 厚労省

 従業員1000人以上の事業所の82%に、
うつ病などメンタルヘルス上の理由による休業者がいることが29日、

厚生労働省が発表した労働安全衛生基本調査で分かった。
厚労省によるメンタルヘルスに関連する休業調査は初めて。

調査では、規模の大きい事業所ほど長時間残業しており、
休業者も多い実態が明らかになった。

 過労死などの労働災害防止の基礎資料作成のために実施。
従業員10人以上の全国の1万2051事業所(回答8543事業所)を
対象に調査した。

 その結果、過去1年間にメンタルヘルス上の理由で
休業した従業員がいる事業所は全体で3.3%。

従業員数別では、1000人以上で82%、
500〜999人で66.3%、
300〜499人で40.9%。
10〜29人では1.5%。
1000人以上では休業者の97.3%が1カ月以上仕事を休んでいた。

また、事業所にいる産業医に対する業務調査では、
18.2%がメンタルヘルスに関する相談業務を行ったとした。

 調査では、長時間労働に関しても尋ねており、1カ月に100時間を
超えて残業している従業員がいると答えた事業所は13.4%。

従業員1000人以上の事業所では43.9%、
500〜999人では40.2%、300〜499人で22.9%の順で
多く、10〜29人の事業所では12.7%だった。

 社会経済生産性本部メンタルヘルス研究所の今井保次研究主幹は
「企業はメンタルヘルスに不安のない社員はいないという認識を持ち、

過密、過重労働や長時間労働など、原因となる業務の改善に
取り組むべきだ」と話している。毎日新聞 2006年9月29日



大企業になるほど残業が多く、
病んでいるサラリーマンの方が多いようです。

残業が多くなると、
自分の人生が仕事だけになってしまうので病みますよね、、、

ブログ人気ランキング 話題のブログが見れます。

山崎製パン(株)の
平均年収 569万円
平均年齢  38歳
posted by ネオニート 音楽家 at 12:03 | Comment(6) | サラリーマン平均年収 | 更新情報をチェックする
2006年07月25日

サラリーマン平均年収

ネオニートのお小遣い帳 サラリーマン平均年収を超える

日経 15005 +210
JQ  9013 −19

株復活かも??


<電話相談>職場の人間関係ぎくしゃく…心の問題増加

 職場の人間関係がぎくしゃくして心の相談が増加――。
独立行政法人「労働者健康福祉機構」(伊藤庄平理事長)が

全国20カ所の労災病院で実施する「勤労者心の電話相談」の
まとめで、そんな傾向が明らかになった。

05年度の相談件数は前年度比17%増で、
内容は職場の上司や同僚との人間関係が増えている。

同機構は、不況下で進んだリストラなどの影響による過重労働が、
職場や労働者に暗い影を落としていると分析する。


 心の電話相談は00年から開設。相談件数は年々増え、
05年度は1万9178件に上った。

相談内容は
「上司との人間関係」がトップで1685件(前年比130件増)、

次いで「同僚との人間関係」が1372件(同162件増)だった。

一方、リストラなどの影響で増えていた
「社内いじめ」は316件で、

前年度より70件減った。相談者は30代が最多で、
次いで40代、50代、20代の順だった。

 電話やメールでの相談に応じている同機構の山本晴義・勤労者
メンタルヘルスセンター長は「リストラで人が減り、

仕事量、質ともに負担が増えたため、
職場での人間関係をぎくしゃくさせている。

不眠を訴える人も急増しており、うつ病のサイン、
過重労働の結果としても見逃せない」と分析する。
(毎日新聞) - 7月24日


石川島播磨重工業(株)の
平均年収 654万円
平均年齢  41歳

石川島播磨重工業
ランキング
posted by ネオニート 音楽家 at 22:32 | Comment(0) | サラリーマン平均年収 | 更新情報をチェックする
2006年07月24日

ボーナス平均

ネオニートのお小遣い帳 サラリーマン平均年収を超える

日経 14794 −26
JQ  9032 −147

株価も、下のニュースみたいに
早く回復してほしいものです。


ボーナス平均 過去最高88万円 大手企業鉄鋼、自動車が牽引

 日本経団連は20日、大手企業の今夏の
ボーナス妥結結果(196社、最終集計)を発表した。

平均妥結額は前年比2・86%増の88万3695円と、
景気回復を反映し、3年連続で過去最高を更新した。

 製造業(159社)の妥結額は4・35%増の
90万2495円と4年連続で過去最高。

中でも、業績好調な鉄鋼が12・49%増の112万4471円、
自動車が3・24%増の103万8613円となり、
全体を牽引(けんいん)した。

 一方、非製造業(37社)は0・46%減の84万1410円
だった。(産経新聞) - 7月21日


(株)サイバーエージェントの
平均年収 549万円
平均年齢  28歳

サイバーエージェント
ランキング
posted by ネオニート 音楽家 at 19:31 | Comment(0) | サラリーマン平均年収 | 更新情報をチェックする
2006年06月07日

サラリーマン平均年収

ネオニートのお小遣い帳 サラリーマン平均年収を超える

民間給与 7年連続 回復まだ?平均439万円

 民間企業に勤める人が昨年1年間に得た
平均給与は438万8000円で、

前年を5万1000円(1・1%)下回り、
7年連続で減少したことが28日、国税庁がまとめた

民間給与実態統計調査で分かった。
景気は回復傾向が続いているが、

サラリーマンらの給与には、
まだ反映されていない。

 昨年1年間を通じて民間企業に勤めた給与所得者は、
前年比13万人(0・3%)減の4453万人。

給与総額は前年比2兆8529億円(1・4%)減の
195兆4110億円で、こちらも7年連続で減少した。

 転職者が増加し、正社員からパートやアルバイトに
切り替える企業が増えるなどの

雇用形態の変化が、
主な減少要因とみられる。


 平均給与の内訳は、

給料・手当が370万1000円(1・0%減)で、
賞与は68万7000円(2・0%減)だった。

男女別では、男性が540万9000円で、
前年より3万3000円(0・6%)減少。

女性は273万6000円で、前年を
1万2000円(0・4%)下回った。

 一方、源泉徴収による所得税額は8兆7988億円。
前年比3339億円(3・9%)増で、4年ぶりに増加に転じた。

これは、昨年から所得税の配偶者特別控除(最大38万円)の
一部が廃止されたことが要因とみられる。

(2005年9月30日 読売新聞)


これから、ますます増税の方向に、
向かっていきます。

アフィリエイトや株などで
副収入を増やして、

老後を乗りきっていきたいものです。

人気ブログランキング
posted by ネオニート 音楽家 at 06:08 | Comment(0) | サラリーマン平均年収 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。