2007年09月28日

サラリーマン平均年収

ネオニートのお小遣い帳 サラリーマン平均年収を超える

いざなぎ景気越えとか、
不況から脱出したと言われているけど、

サラリーマン平均給料には
反映されないのでしょうか(^_^;)


以下、ニュースより抜粋です。

<民間給与>06年は435万円、9年連続減少…国税庁統計
9月27日19時30分配信 毎日新聞

 民間企業に勤める人が06年の1年間に得た
平均給与は434万9000円で、
前年を1万9000円(0.4%)下回り、
9年連続で減少したことが国税庁の「民間給与実態統計調査」で分かった。

経済財政白書では02年から景気回復は続いているとされるが、
いまだに給与に反映されていない実態が浮き彫りとなった。
 一年を通じて同じ会社に勤めた給与所得者は、
前年より9万人(0.2%)減少し、4485万人で、
給与総額は前年比1兆2626億円(0.6%)減の195兆153億円だった。
 給与所得が200万円以下だった人は全体の22.8%を
占める1022万8000人で、
4年前より169万8000人も増加した。
一方、1000万円を超える人も4年前より7万2000人増の
224万2000人となっており、
給与の格差が拡大していることが分かる。

 平均給与が減少し続けている理由は、
企業が正社員より給与が低いパートタイムなどの
非正社員を増やしていることが一因とみられる。
 業種別の平均給与は、金融保険・不動産業の563万円が10年ぶりに最も高く、
続いて化学工業が562万7000円だった。
最も低かったのは12年連続で農林水産・鉱業の
296万6000円だった。
 源泉徴収された所得税額は、定率減税の縮減などによって
8957億円(9.9%)増の9兆9321億円で3年連続で増加した。


ブログ人気ランキング 話題のブログが見れます。

安い家電で有名なラオックスの
サラリーマン平均年収 414万円
サラリーマン平均年齢  38歳
posted by ネオニート 音楽家 at 05:40 | Comment(2) | サラリーマン平均年収 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホントに何が景気良くなってるんだか、私達民間の小中企業の人間にとってみれば、まったく分かりません。
給料も上がらずに物価や税金が上がってる中、私は来年の春に家の建替えを予定していますが、この年から住宅ローンを組むのは、マジで命がけですよ。
いくらか給料が上がれば多少ゆとりもでるんですけどね…。
ハァ〜〜なんとかならないですかね…。
Posted by バニャ at 2007年10月01日 10:32
バニャさん、こんにちは(^^)
物価や税金はじわじわ上がってますよね。

消費税も上がるみたいだし、、
給料上げないとお金が循環しないですよね。

建替え前後の写真アップ、
楽しみにしてますね。
Posted by 音楽家 at 2007年10月01日 11:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。